Takafumi Ueno PHOTO EXHIBITION ARIKA

父の死後、生と死、時間と記憶をテーマとした作品の制作を行って参りました。本展示では、時間と共に移ろう生命の姿と、変化することが皆無となった死後の生物の姿を、写真という手段を用いて写し取り、再び額の中で再構成することで観た物の心に「瞬間と永遠」「感情」「欲」といった共存することのない様々な記憶を同時に呼び起こさせます。また、その体験は、観た者の記憶と時間をかけて繋がりを深め、対象物の瞬間的な姿からは本来到達できないものとなります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Takafumi Ueno PHOTO EXHIBITION 「ARIKA」
2017年9月9日[土]-9月28日[木]
634 展示室 (東京都国分寺市本町2-4-10 東京武蔵野美術学院B1)

生命の終わりの瞬間を見定めるのは難しい
同様に記憶の終わりを認識することもまた困難だ
その曖昧な境界線を模索すべく
形状が変化した同一の静物を様々な視点と時間を重ね撮影した
重層化したイメージを再び均一化させていくことで完成した新たな像からは、内在化された知覚から、形骸化されたフォルムが剥ぎ取られ、新たな感覚をにじませる